★Affliction Store(アフリクションストア)情報♪メタルバンド Asking Alexandria(アスキングアレクサンドリア)と ChthoniC(閃靈樂團・ソニック)★

Posted on Posted in 未分類

Affliction(アフリクション)がサポート・スポンサードしているバンドとして有名なのが、Ozzy Osbourne(オジー・オズボーン)やMegadeth(メガデス)です。

 

Ozzy Osbourne(オジー・オズボーン)はヘビーメタルの大御所、Megadeth(メガデス)はスラッシュメタルの神様で、彼らは御年50歳以上♬ 中年・初老の域になりますが、厳つく、カッコよく、Affliction(アフリクション)がお似合いで、こういう親戚がいたらなあ~自慢したいと思います!

Affliction(アフリクション)は大御所だけでなく、新進若手更に飛躍していくメタルバンドをしっかりサポート!そこは時代を見据えた芯のあるブランドと言えます。

 

本日、この新進若手更に飛躍していくメタルバンドに触れてみたいと思います。

もう、とても有名な台湾の国民的メタルバンドChthoniC(閃靈樂團・ソニック)について!!

 

Affliction(アフリクション)のブログでも堂々と紹介されています。↓

https://www.afflictionclothing.com/blogs/news/top-5-metal-bands-from-surprising-countries

 

ChthoniC(閃靈樂團・ソニック)は、メタルの種類で言うと、ブラックメタルに分類されます。

中国の伝統的な擦弦楽器の一種 二胡(にこ、別名胡弓/こきゅう)を演奏し、オリエンタルメタルとも言われる独特の世界観を出しているメタルバンドです。

歌詞は、台湾の歴史や伝説を題材にしていて、台湾の霧社事件や2.26事件、高砂義勇隊など日本に関係する事件をテーマに書いています。

わたくし、その頃の日本の歴史に深く興味を持っていまして、二年前に初めて台湾に行き、本当に感動しました。そして、ドラゴンハート台北店を作りたいなど、密かな夢を抱いておりました。ちょっとお話ずれましたが…..

 

2016年は、台湾に大きな変化があった政権交代の年!! 最大野党の民主進歩党(民進党)が与党の中国国民党(国民党)を破り政権交代! 時代が変わりました。と同時に設立して1年も満たない「時代力量」が5議席も獲得しました。その期待の政党と言われる「時代力量」から、ChthoniC(閃靈樂團・ソニック)のボーカルの林昶佐(フレディ・リム)が立候補し、当選したのです。

言いたい事、伝えたい事、それがメタルを通して世の中に発信され、政治や経済の世界に入っていく~~素晴らしい話ではございませんか??

ボーカルの林昶佐(フレディ・リム)は、政治活動とバンド活動を両立させながら、ChthoniC(閃靈樂團・ソニック)の音楽を世に送り出しています。

 

 

さて、次に注目されるのは、Asking Alexandria(アスキングアレクサンドリア)です。イギリス出身のメタルコアバンドです。随所にユーロトランスの要素を盛り込んでおり、「ダンスミュージック&メタルコア」スタイルのブームを担う重要な存在であると言えます。

 

 

↓ プラハのAffliction(アフリクション)ストアでサインをするAsking Alexandria(アスキングアレクサンドリア)のメンバー♪

 

新宿マルイメンのAffliction Store(アフリクションストア)にも来てくれないかな~~??

彼らの演奏 ↓ お聴きください。

 

東京のAffliction Store(アフリクションストア)では、連日メタル音楽で皆様をお待ちしています。メタル談義も是非是非…♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
営業時間
ドラゴンハート品川店: 10:00~21:00(土、日、祝前日は22:00まで)
Affliction Store新宿マルイメン:10:00~21:00(日、祝は20:30まで)
Affliction Shop : 年中無休
http://www.shop-dragonheart.com

電話
ドラゴンハート品川店:03-5423-6828
Affliction Store新宿マルイメン:03-3354-0101
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page