★ドラゴンハート高田馬場店★閉店のお知らせ★

Posted on Posted in Dragon Heart(ドラゴンハート)のこと

お客様へ

9年半のご愛顧ありがとうございました。

皆様とのたくさんの思い出と共にドラゴンハート高田馬場店は、2017年3月27日に閉店致します。

ずっと続けたい思いはありましたが、これもひとつの区切り!

お知らせするのが、ぎりぎりになってしまいました。意を決めたのはつい先日の事でしたので、ご連絡が遅くなってしまった事をお詫び申し上げます。

ドラゴンハート高田馬場店は、閉店セールを2017年3月10日(金)午前10:00 〜 閉店の2017年3月27日(月)午後9:00まで行います。

お客様へお知らせしたい事がございますので、以下をお読み頂きたくお願い申し上げます。

1
↑ 2009年頃のドラゴンハート高田馬場店

★ドラゴンハートポイントについて★

貯まっているポイントは、ドラゴンハート品川店、Affliction Storeでご使用出来ます。

閉店までの間に、ドラゴンハート高田馬場店でご使用頂いても構いません。

セール品と特別価格の商品には、ポイントをご使用いただけません。予めご了承ください。

※店内はいつも通り、新着商品コーナーがございます。

 

★下取りサービス★
ドラゴンハートでご購入の商品で、お家に眠っている洋服を下取り致します。

▲下取り金額 500yen~1,000yen

ブランド:Affliction, Dragon Fly, Chaser LA, Cop Copine, Nicole Lee

▲下取り金額 100yen~300yen

ドラゴンハートでご購入された上記ブランド以外の服、バッグ

▲下取りできないもの ドラゴンハートの商品ではない物及び雑貨(アクセサリー、財布、下着、ストール・スカーフ、くつ、靴下 、ベルト、Nicole Lee 以外のバッグ、文具などの雑貨)。
●お洋服は洗濯をしてお持ちください。
●お一人様一日一回6点までとさせて頂きます。
●持ち込みされた洋服の清算に1~2時間のお時間を頂戴します。(混雑時には2時間以上お待ち頂く 場合もございますので御了承ください。)
●買取させて頂いた物の代金は、代金分のドラゴンポイント付与、またはドラゴンハート品川店、 Affliction Storeでお使いになれる商品券と交換致します。※商品券の有効期限は一年間です。
●下取りさせて頂きました物の一部は、フィリピンのKids Foundationに寄付され恵まれない子供た ちの為に役立たせて頂きます。

※引き続き、ドラゴンハート品川店、Affliction Store(アフリクションストア)をどうぞ宜しくお願いします。

今まで長い間本当にありがとうございました。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。

t02200165_0800060013408614368ドラゴンハート品川店
〒108-0074 東京都港区高輪4丁目10-30 品川プリンスホテル アネックスタワー1F
電話番号 03-5423-6828
営業時間 10:00~21:00(Mon-Thu,Sun) /10:00~22:00(Fri,Sat)
アクセス JR.京急品川駅下車プリンスホテル1F

 

IMG_3017
Affliction Store(アフリクションストア)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-16-4
新宿マルイメン6F
電話番号 03-3354-0101/代表
営業時間 11:00~21:00
アクセス JR各線新宿駅・西武線新宿駅

===後記===

約10年という間、それを長いととらえるか、短いと感じるか、人それぞれですが、私に取っては長い10年であったと思います。アバクロ(アバクロンビー&フィッチ)が好きで、アメリカが好きで、始めたようなショップでした。

会社は2003年に設立しました。商売をやった事がなく、販売の経験がなく、素人の中の素人のスタートでした。実際にお店が持てたのは、会社設立から4年が経った2007年で、こちらのドラゴンハート高田馬場店でした。

自分でセレクトした物が店頭に並ぶ、それをお客様が手に取る、そして買って頂ける〜その様子を全部見る事ができ、私は本当に幸せ者だと感じました。今も実感、毎日肌で感じています。

ネットショップ『SeaWind Web Shopping』からスタートし、毎日ショッピングカート作り、コメント書き、商品写真撮影で数年を費やした後、ネットの在庫処分が目的で、友人から声が掛かった催事に参加したのが始まりでした。

その催事が縁で、ビッグボックス高田馬場に店舗を構える事が出来ました。

ビッグボックス高田馬場は、スポーツ施設としてしか認識がなかったのですが、1,2階のショッピングエリアは、(今はエミオスタイルというショッピングモール)昔からユニークなお店があり、他のショッピングモールにない楽しさがありました。

ドラゴンハートが10年経つので、多分15〜20年前になるのかな? 2階に『アトムショップ』という手塚治虫(高田馬場は手塚治虫の街として有名)のアニメグッズショップがあり、今のドラゴンハートとアモスタイルの場所には、野球専門店があって、バットやグローブがかなりの数と種類を販売していたのを記憶しています。さっすが〜西武のショッピングモールだなーと西武色を強く感じました。

そして、アトムショップで「こちらはおつりです。」と渡された100万馬力のアトム通過(仮想通貨というか実際に今でも使えます)を手にした時は、高田馬場って楽しい街だ!と感じました。住居を下北沢から高田馬場へ移した理由のひとつでもありました。
thumbnail3.pngDSC00116
Unknown-2

前置き長くなりましたが、そんなこんなで、高田馬場の地には思い入れがあり、その代表である世界的有名な天才兼ちょっと奇人の黒川紀章がデザイン設計したビッグボックスに出店が決まった時は、本当に嬉しかったです。

当時お世話になったビッグボックスの天田支配人、その時から元気一杯のスポーツ青年だった樋口様には感謝申し上げます。

 

 

ここからは少々経営の立場から申し上げます。

今時代は劇的に変わっています。特にこの一年はすざまじいと言っても過言でありません。

本日のTVニュースでヤマト運輸の配達問題が取り上げられ、昨日は三越伊勢丹の社長交代劇、本日日本経済新聞のトップ記事「営業短縮 小売りに拡大。ルミネ、店舗8割の閉店繰り上げ」と、あまり楽しい内容ではないです。

こういう状況は大手が今になっていますが、中小はもっと前から苦しい状態になっています。

エミオスタイルに入っている店舗は、ほぼ全部がSPA企業です。弊社は輸入商社で小売で、つまり経営の根幹が違います。

現在、どこのショッピングモールも代わり映えのしない、SPA企業が営業する場所となってしまっています。
今まであった商店や小売店、弊社のようなセレクトショップは、ほとんどなくなっています。

ある意味残念です。その地場のお店やその店主しか出来なかった事が、ひとつひとつ消えて行くんですから。

セレクトショップであるドラゴンハートは、知名度もなく、知られていない。よってスタッフの人員が確保できない。営業時間を短縮できない。館で行われる企画やポイント還元に対応するにも経費を使って行く。お客様には、出来るだけ安価で提供したい……

常に新商品をUSから自社で仕入れ、輸入し、販売して行く。だから昨年の在庫などはない。そのジレンマは約二年ほど前からありました。ですから、この10年は私に取っては、長い月日でした。

今回高田馬場店を閉店する運びになりましたが、ドラゴンハートを終了する訳ではございません。品川店は、品川プリンスホテルアネックスタワーの1階にあり、元気に営業しています。ドラゴンハートの営業形態はどうであれ、今後もずっと営業をして行きます。

今後ともこちらのブログをお読み頂けると幸いに思います。

ドラゴンハートのお客様、ドラゴンハートを支えて下さった会社様、ビッグボックスの皆様、スタッフのみんな、本当にありがとうございました。

2017.3.8
ドラゴンハート高田馬場
スウェール・ブルー株式会社
代表 濱野恭子

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page