★仮想コラボレーション★ドラゴンハート&籠や★

Posted on Posted in Dragon Heart(ドラゴンハート)のこと

コラボレーションって?

 

最近、カフェと本、カフェと家電、家電と服など、異なるアイテムを共通に演出するコラボレーションが注目を浴びています。

 

代表的な例として、新宿にあるビックロ(ユニクロ+ビッグカメラ)です。確かに、色でまとめていたり、目的でまとめていますが、100%コラボをしていると思えません。
話題の二つの大手企業がひとつのフロアにあるという感じにしか思えません。

 

それに対し、本と家電とカフェの蔦屋家電(二子玉川)やH.I.S.旅と本と珈琲のOmotesando(表参道)は、本を読む環境で、お茶を飲む!お茶を飲みながら、本を読む!ふたつの目的が合致した、これぞコラボレーションだと思うのです。

tutaya

HIS

 

 

昔のカフェ、所謂 「喫茶店」には、自由に読める雑誌や新聞が置いてありました。今はスタンド系のカフェが多いので、新聞や雑誌は置いていなく、紙媒体を読んでいる人も少ないです。

新聞や単小本をスマホやタブレットで読む時代になってしまいました。

今まであった本屋さんの2軒に1軒はクローズし、ずいぶん本屋さんが少なくなったなーと思いきや、新たな形の本屋さんが登場です。

 

USAでは、10年ほど前から、大手本屋さんの最上階にスターバックスが入っていたり、本屋さんの中にコーヒーカウンターがあったりして、脚立のような椅子が置いてあり、リラックスはできませんが、とりあえず座って、コーヒー片手に雑誌や本を無料で見る事ができ、これはいいな~と思っていました。特に待ち合わせには……..

 

ようやく日本でも、2年くらい前から、本屋さんとカフェの組み合わせが出来出しました。

 

蔦屋家電は、ここは日本か~北欧か~と思うほど、広い空間にゆったりしたソファー、お洒落な家具風の什器に、テーマを持ったコーナー毎に本がセレクトして置いてある。日常に関する本が多く、その隣にはその本の中の物を実現する為の家電がおいてある、とってもお洒落にディスプレイしてある。

 

Book3

 

book2

 

いつも飲むスターバックスのコーヒーも格段と美味しく感じ、長居したくなるような素敵な空間………….

つまり、この空間と共存する、この空間とコーヒー、この空間と本、この空間と家電…というように、新たな空間を作っていくこそ、異業種の異なるアイテムのコラボレーションだと思うのです。

 

 

 

ドラゴンハートと籠やさん

それって、本、カフェという組み合わせでなく、

本・洋服、

カフェ・洋服、

家電・洋服、

なーんか、ドラゴンハートと結びつける事は出来ないのか~と考えている昨今です。

 

 

 

下の写真は、有楽町の無印良品が、本とコラボレーション。

MUJI

 

 

ソニア・リキエルが本とコラボレーション。
ディスプレイは素敵なのですが、何となく無理矢理結びつけているように思えます。

sonia

 

ドラゴンハートの場合どうでしょうか?このブログを読んでいる方で、良いアイディアがあったら、是非お知らせください。

 

例えば、ドラゴンハートとバーなんてのはどうでしょうか?

 

Afliction(アフリクション)と地ビール、Affliction(アフリクション)とウォッカ、Affliction(アフリクション)とプールバー…….USAでは実現している事です!

下 の写真は、Affliction(アフリクション)の本社内のスタジオのライブ+パーティーの写真です。

Affliction Beer3

 

Affliction Beer2

 

Affliction Beer1

 

さて、フランスインポートとワイン!それは当たり前のような組み合わせですよね~!

Dragon Heart(ドラゴンハート)フランスインポート+フランスワイン

wine1

シックな10000

 

Dragon Heart(ドラゴンハート)+本
Dragon Heart(ドラゴンハート)+カフェ
Dragon Heart(ドラゴンハート)+紳士服のAOKI
Dragon Heart(ドラゴンハート)+籠や
Dragon Heart(ドラゴンハート)+魚屋
Dragon Heart(ドラゴンハート)+呉服屋
Dragon Heart(ドラゴンハート)+青果市場
Dragon Heart(ドラゴンハート)+歯医者
Dragon Heart(ドラゴンハート)+整骨院
Dragon Heart(ドラゴンハート)+花や
Dragon Heart(ドラゴンハート)高田馬場店が一階にあった時は、レジの前にハラコのラグ、赤いソファーと本棚があり、USAのファッション雑誌、ファッションに関する本、写真集などを置いていました。

 

Dragon Heart(ドラゴンハート)+本 実現したいものです! 上の中では一番、実現に近いかも?

 

↓このあたりの本は、レジの隣にあります。

bookjimmy

book1

 

 

ファッションもライフスタイルの一部ですので、ブティック・セレクトショップ=服や雑貨だけの販売!でなく、ひとつのお店でゆったりとお茶でも飲みながら服を選ぶ、ワインを飲みながらフィッティングをすると言うのもいいと思います。

 

ユナイテッドアローズやビームスが人気なのも、トータルコーディネイトで店舗作りをしている、空間を提供するというところかもしれません。

 

Dragon Heart(ドラゴンハート)も将来的に、そのような形になりたいと思っています。

 

ドラゴンハートが憧れる西海岸のセレクトショップ

future1

 

Future2

Amerian Rag

ドラゴンハートの元になった/10年前のオープン時に参考させて頂いた
米国アリゾナ州にあるセレクトショップElectric Lady Land↓
ElectricLadyland1

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
営業時間
ドラゴンハート高田馬場店: 10:00~21:00 (日、祝は20:00まで)
ドラゴンハート品川店  :    10:00~21:00(土、日、祝前日は22:00まで)
Affliction Shop                      :    年中無休
http://www.shop-dragonheart.com

電話
ドラゴンハート高田馬場店 : 03-5287-3663
ドラゴンハート品川店   : 03-5423-6828
Affliction Shop        :   03-6457-6764
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page